カーポートの知っておきたい知識PR

カーポートって固定資産税かかるの?

カーポートは固定資産税がかかるの?

結論から言うと、カーポートは原則として固定資産税の対象とはなりません。

固定資産税は、土地や建物などの不動産に対して課税される税金です。カーポートは、土地に設置される建物ですが、建築基準法で定められた「建築物」とは認められません。そのため、固定資産税の対象とはなりません。

カーポートの設置って
どこに頼む?
オンライン相見積もり
コスパの良い業者を選ぶ! /
家にいながら業者を比較
最適な提案を選べる!

カーポートに固定資産税がかからない理由

カーポートは、建築基準法で「建築物」とは認められていない

建築基準法では、建築物を「屋根があり三方向以上の周壁がある建物の」と定義しています。カーポートは、壁がありませんので、これにあてはまりません。

また、カーポートは、車を雨や雪から守るための屋根付きの駐車場です。建築基準法では、建築物は、居住、作業、集会、陳列、倉庫、車庫、その他の用途に供されるものを指しています。カーポートは、車を雨や雪から守るための用途に供されるため、建築基準法で定められた「建築物」とは認められません。

ガレージタイプには固定資産税がかかることもある

ガレージタイプには課税対象になる場合も

「ガレージタイプ」のカーポートは左右、後ろの3方向に壁があり、箱状の建築物なので課税対象になる可能性があります。

ただし、「居住用、作業用、貯蔵用に利用できるような建物」には当たらない場合は課税対象にならないこともあるので、わからない場合は、市区町村の役所に問い合わせて確認してください。

まとめ

カーポートは、建築基準法で「建築物」と認められないため、カーポートは固定資産税の課税対象とはなりません。

ガレージタイプは場合によっては課税対象になるので、まえもって自治体に問い合わせてから設置の検討をしましょう。

カーポートを“最安値”で設置するには、複数の見積もりを比較することが必須

カーポートは安いものだと十数万円から数十万円、高いものだと、百万円以上の大きい買い物

カーポート設置費用(工事費込み)の相場価格はある」とは言え、ユーザーに渡るまでの【仕入れ価格の違い】はどうしても出てきます。1台用の安いカーポートでも数万円以上の違いが出ます。2台用や1台用でも堅牢な100万円以上の高額なものだと十数万円〜の違いがでてくることも普通にあります。

また、業者により【工事費の違い】もあるので、依頼する業者によって、最終的に数万円の差がでます。

損をしないで、カーポートを設置するには複数社の見積もりを比較ができる「一括見積もり」がおすすめです。


カーポート工事費込み【見積もり】を複数社比較できる「一括見積もり」 専門家のアドバイスも無料。タウンライフリフォーム
カーポート設置で大切なことは、カーポート・外構専門家のアドバイスそれも一つの業者の提案で本当にいいのか?不安もあります。
タウンライフリフォームでは、 大手ハウスメーカーから地元の外構専門業者まで、複数社の一括見積もりが無料。
厳格な基準をクリアした優良業者のみ登録
信頼できる複数の外構専門業者から、【見積もり】【設置プラン 】を徹底比較して選べます。日本全国対応

タウンライフリフォームの特徴
  • 地元対応の、複数の外構・エクステリア専門家から役立つアイデア&アドバイスが受けられる
  • 複数の優良な外構・エクステリア専門店から、無料でカーポート設置の【 費用・見積もり書 】がもらえる
  • 大手から、地元の業者まで、複数社のプラン・費用を一括比較して選べる

⇒ タウンライフリフォーム公式サイト

完全無料!
利用者満足度No.1/
タウンライフ記事下広告

見積もりを取っても、外構工事を依頼しなくても大丈夫?
見積もりが来ても、正式にカーポートの外構工事を依頼する必要はありません。無料で、費用相場が分かるので、気軽に複数社から見積もりを取り寄せてみましょう。
優良な外構・エクステリア業者560社が登録
タウンライフ・登録企業
タウンライフ・公式バナー

-カーポートの知っておきたい知識