カーポートの知っておきたい知識PR

知らないと後悔するカーポートの基礎知識 7選

① 地域によって、強風・積雪に対応するカーポートを選ぶ

カーポートは、車を雨や雪、紫外線から守るための設備です。

地域によって、「通常より頑丈なタイプ」を選ばないと、強風や積雪によって、カーポートが損傷してしまう可能性があります。

折半屋根カーポートが頑丈

台風の多い地域では、耐風性能に優れた折半屋根タイプのカーポートがおすすめです。折半屋根は、屋根材を折りたたんで強度を高めている構造です。そのため、ポリカーボネートやガラスなどの屋根材に比べて、耐風性が高くなります。

片側支持ではなく、両側支持タイプ

柱の数が多いほど、耐風性が高くなります。両側支持タイプは、4本柱のカーポートが一般的です。

台風の多い地域で選ぶカーポート

台風の多い地域では、強風による被害が心配です。そのため、台風の多い地域では、耐風性能に優れたカーポートを選ぶことが大切です。

耐風性能に優れたカーポートを選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 台風が多い地域は、風速46m/s以上の耐風性能があるカーポートがおすすめ

積雪の多い地域で選ぶカーポート

積雪の多い地域では、雪が積もった車を出すのが大変です。また、雪が重みで車を押しつぶしてしまう可能性もあります。そのため、積雪の多い地域では、耐積雪性に優れたカーポートを選ぶことが大切です。

積雪に強いカーポートを選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 積雪量が多い地域では、耐積性能が50cm~100cm以上のあるカーポートがおすすめ。

② 狭すぎない?設置場所の幅と奥行きを要確認

狭い場所でカーポートを設置する場合、以下のことに注意しましょう。

カーポートの幅は、車の幅よりも少し広めにしましょう。車の乗り降りがしやすいように、30cm程度余裕を持たせるのがおすすめです。

カーポートの奥行きは、車の長さよりも少し長めにしましょう。車を駐車したときに、後ろのドアを開けても余裕があるように、50cm程度余裕を持たせるのがおすすめです。

一般的に「2.4m」「2.7m」「3m」の3つの規格幅が多いです。

また、片側支持タイプは、柱が片側だけに設置されているため、狭い場所でも設置しやすいです。

③ 配置を間違えると日差しの量が変わる

カーポートは配置場所によっては、日差しの量や日射の量が下がってしまうことがあります。

遮光の丈夫なカーポートがついている場合、奥南側にカーポートを設置すると、リビングや部屋の日当たりが悪くなる可能性があります。

冬は、太陽の光が斜めから差し込むため、カーポートの影が長くなります。そのため、奥南側にカーポートを設置すると、リビングや部屋の窓に影が差し込んで、日当たりが悪くなることがあります。

間取りと配置で日差しの量が決まる

リビングは南向きに作り、反対の北側にカーポートを設置すれば日当たりの悪さに悩む心配はなくなります。

カーポートの設置を検討する際は、日当たりへの影響を考慮しましょう。

また、日当たりを重視する場合は、透過性に優れているポリカーボネート屋根を使用したものを選びましょう。

④ 住宅会社経由でカーポートを買うと割高になる

住宅会社経由でカーポートを買うと、割高になる可能性があることをご存知でしょうか。

住宅会社は、カーポートに詳しくない

住宅会社は、建築に特化しているため、カーポートの種類や性能に詳しくありません。また、住宅会社は、カーポートの施工を自社で行うことは少なく、外構会社に外注します。

その場合、住宅会社は管理もぜず、単純に手数料だけ取られて割高になってしまう可能性が高あります。

⑤ バルコニーの近くに設置するのは防犯上危険

バルコニーの近くに設置すると、防犯上危険な場合があります。カーポートの屋根は、泥棒が上に登るためのルートになってしまうからです。運動神経のいい人なら、簡単にカーポートの上に登ることができます。

1階の窓や玄関は施錠していても、2階の窓が開けっ放しになっているケースがあります。このような場合、カーポートを利用すれば、泥棒は2階の窓から上がれてしまう可能性もあります。

バルコニーの近くにカーポートを設置する際の防犯対策

  • カーポートの屋根に防犯柵を設置することで、泥棒が上に登るのを防ぐ。
  • カーポートの周りに明かりを設置することで、泥棒の侵入を防ぐ。
  • カーポートの屋根に防犯カメラを設置することで、泥棒の侵入を防ぐ。

⑥ あれ?家とカーポートのデザインが合ってない?

外構やカーポートは家の顔とも言える部分であり、そのデザインが家と合っているかどうかは大切です。

家の色とカーポートの色が合っていないと、バランスが悪く見えてしまいます。また、カーポートのデザインが家と合わないと、違和感が生じてしまいます。

そのため、カーポートを設置する際には、家のデザインとのバランスを考慮することが大切です。

⑦ 複数の業者に見積もりをとるのがベスト

1社だけに見積もりを依頼すると、その業者の言い値で契約することになります。しかし、業者によって価格は大きく異なる場合があり、適正な価格で契約できていない可能性があります。

複数の業者に見積もりをとることで、価格の相場感を把握することができます。また、各業者の特徴や強みも比較できるので、自分に合った業者を選ぶことができます。

複数業者から相見積もりをとる

相見積もりとは、2つ以上の業者に見積もりを出してもらい比較することを言います。相見積もりをとることで、公平な比較が可能になります。

相見積もりを取る際のポイント

  • 複数の業者からの見積もりを元に、サービス内容、価格、提案の質などを公平に比較することができます
  • 同じ製品、同じ条件で相見積もりを取ることで、各業者の価格やサービスなどを比較しやすくなります。
  • 相見積もりを取ることで、業者の対応を比較することができます。

相見積もりを取ることで、適正な価格で契約することができ、自分に合った業者を選ぶことができます。

カーポートを“最安値”で設置するには、複数の見積もりを比較することが必須

カーポートは安いものだと十数万円から数十万円、高いものだと、百万円以上の大きい買い物

カーポート設置費用(工事費込み)の相場価格はある」とは言え、ユーザーに渡るまでの【仕入れ価格の違い】はどうしても出てきます。1台用の安いカーポートでも数万円以上の違いが出ます。2台用や1台用でも堅牢な100万円以上の高額なものだと十数万円〜の違いがでてくることも普通にあります。

また、業者により【工事費の違い】もあるので、依頼する業者によって、最終的に数万円の差がでます。

損をしないで、カーポートを設置するには複数社の見積もりを比較ができる「一括見積もり」がおすすめです。

カーポート工事費込み【見積もり】を複数社比較できる「一括見積もり」 専門家のアドバイスも無料。タウンライフリフォーム
カーポート設置で大切なことは、カーポート・外構専門家のアドバイスそれも一つの業者の提案で本当にいいのか?不安もあります。
タウンライフリフォームでは、 大手ハウスメーカーから地元の外構専門業者まで、複数社の一括見積もりが無料。
厳格な基準をクリアした優良業者のみ登録
信頼できる複数の外構専門業者から、【見積もり】【設置プラン 】を徹底比較して選べます。日本全国対応

タウンライフリフォームの特徴
  • 地元対応の、複数の外構・エクステリア専門家から役立つアイデア&アドバイスが受けられる
  • 複数の優良な外構・エクステリア専門店から、無料でカーポート設置の【 費用・見積もり書 】がもらえる
  • 大手から、地元の業者まで、複数社のプラン・費用を一括比較して選べる

⇒ タウンライフリフォーム公式サイト

完全無料!
利用者満足度No.1/
タウンライフ記事下広告

見積もりを取っても、外構工事を依頼しなくても大丈夫?
見積もりが来ても、正式にカーポートの外構工事を依頼する必要はありません。無料で、費用相場が分かるので、気軽に複数社から見積もりを取り寄せてみましょう。
優良な外構・エクステリア業者560社が登録
タウンライフ・登録企業
タウンライフ・公式バナー
家にいながら業者を比較

-カーポートの知っておきたい知識