台風・積雪PR

【台風対策】カーポートが壊れてトラブルにならないためにすべきこと

台風でカーポートが壊れてトラブルにならないために

台風の多い日本では、カーポートの「台風対策」は重要です。台風でカーポートが壊れてしまうと、車が傷ついたり、最悪の場合、飛来物で怪我人を出してしまうこともあります。

カーポートの台風対策をしておけば、車や建物、人を守ることができます。台風の多い地域の方は、カーポートの台風対策を万全にしておきましょう。

カーポートの設置って
どこに頼む?
オンライン相見積もり
コスパの良い業者を選ぶ! /
家にいながら業者を比較
最適な提案を選べる!

カーポートを補強する

屋根材を補強する

カーポートの台風対策には、いくつかの方法があります。最も簡単な方法は、カーポートの屋根材を補強することです。屋根材を補強することで、風による飛散を防ぐことができます。

屋根ホルダーをつける

ポリカーボネート素材の屋根は、本体が壊れないように、あえて外れやすく設計されています。屋根材が外れて飛ばされないための部品が、「屋根材ホルダー」です。屋根部分をしっかりと固定するために設置し、ビスで止めます。

支柱を補強する

カーポートの支柱を補強することで、台風による倒壊を防ぐことができます。

サポート支柱を追加する

片側支柱のカーポートの場合、サポート柱を取り付けることができます。差脱着式のサポート柱は、必要に応じて簡単に取り外したり取り付けたりできるので、台風の時だけ付けることも可能です。

支柱の固定

カーポートの支柱が地面にしっかりと固定されていることが大切です。地面に深く埋め込まれた基礎やコンクリートのブロックを使用して、支柱をしっかりと固定することができます。

台風の時にカーポートにしておくべきこと

屋根材を外しておく

ポリカーボネート素材のカーポートの屋根は、外れやす設計になっています。屋根と一緒に本体が倒壊したり、飛ばされないようにするためです。

参照:街の屋根やさん「堺市堺区にて空き家のカーポート屋根パネルを外して台風対策」

屋根ホルダーが手に入らなかった場合は、あらかじめ屋根材を外しておく方法もあります。台風の強風で、屋根材が飛んでしまうと、人やものにあたってしまう危険性があります。

台風が近づく前に屋根材を外しておけば、飛んで行ってしまう心配はありません。

カーポートの周りにあるものを撤去しておく

カーポート周辺にある物体(植木鉢、家具、ガーデニング用具など)は、風の力で飛ばされる可能性があります。

これらの物体が風で飛散すると、カーポートに損傷を与えたり、他の建物や車が破損してしまう危険性があります。

ボルトやビスの緩みを確認する

カーポートのボルトやビスが緩んでいると、強風によってカーポートが揺れたり、部分的な破損が生じる可能性があります。台風の前にカーポートのボルトやビスの緩みを確認しておきましょう。

カーポートの周辺にある物は、安全な場所に移動させておきましょう。

カーポートの設置って
どこに頼む?
オンライン相見積もり
コスパの良い業者を選ぶ! /
家にいながら業者を比較
最適な提案を選べる!

台風に強いカーポートを選ぶ

台風が多い地域で、これからカーポートを設置する人は、風圧強度の高い商品がおすすめ

強風に対応できる「折半カーポート」

一般的なカーポートの台風強度は風速38m/sほどですが、スチール折半を使用した堅牢なカーポートは風速46m/s以上の強風でも対応しています。

折半カーポートは、通常、耐風性を高めるために頑丈な鉄骨やガルバリウム鋼板を使用し強固な構造をしています。台風などの強風が吹いても、屋根が飛ばされる心配がありません

両側支持のカーポート

折半カーポートでなくても、両支持タイプのカーポートは、左右に柱があるため屋根をしっかり支え、強度があります。

台風が多い地域ではないけれど、片側支持では不安という方は両側支持のカーポートがおすすめです。

↓ 耐風圧46m以上のカーポートランキングはこちら

カーポートが破損してしまったら、火災保険で直せる?

火災保険は火災や爆発、落雷、煙害、風水害(風災)など、特定の災害や事故によって生じる被害を対象として台風の被害も含まれています。

火災保険の適用範囲は、保険契約の内容や保険会社によって異なりますが、自分で修理する前に保険会社の担当者に相談てみましょう。

カーポート台風対策まとめ

一般的なカーポートは、ポリカーボネート材の屋根を使用していて、強風で屋根が飛ばされやすい構造になっています。

台風の前は、屋根・支柱を補強するか、屋根材が飛ばされる前に取り外しておく対策ができます。

これからカーポートを設置する方で、台風が多い地域に住んでいる場合は、風圧強度の高い「折半カーポート」「両側支持カーポート」を選ぶといいでしょう。

カーポートを“最安値”で設置するには、複数の見積もりを比較することが必須

カーポートは安いものだと十数万円から数十万円、高いものだと、百万円以上の大きい買い物

カーポート設置費用(工事費込み)の相場価格はある」とは言え、ユーザーに渡るまでの【仕入れ価格の違い】はどうしても出てきます。1台用の安いカーポートでも数万円以上の違いが出ます。2台用や1台用でも堅牢な100万円以上の高額なものだと十数万円〜の違いがでてくることも普通にあります。

また、業者により【工事費の違い】もあるので、依頼する業者によって、最終的に数万円の差がでます。

損をしないで、カーポートを設置するには複数社の見積もりを比較ができる「一括見積もり」がおすすめです。


カーポート工事費込み【見積もり】を複数社比較できる「一括見積もり」 専門家のアドバイスも無料。タウンライフリフォーム
カーポート設置で大切なことは、カーポート・外構専門家のアドバイスそれも一つの業者の提案で本当にいいのか?不安もあります。
タウンライフリフォームでは、 大手ハウスメーカーから地元の外構専門業者まで、複数社の一括見積もりが無料。
厳格な基準をクリアした優良業者のみ登録
信頼できる複数の外構専門業者から、【見積もり】【設置プラン 】を徹底比較して選べます。日本全国対応

タウンライフリフォームの特徴
  • 地元対応の、複数の外構・エクステリア専門家から役立つアイデア&アドバイスが受けられる
  • 複数の優良な外構・エクステリア専門店から、無料でカーポート設置の【 費用・見積もり書 】がもらえる
  • 大手から、地元の業者まで、複数社のプラン・費用を一括比較して選べる

⇒ タウンライフリフォーム公式サイト

完全無料!
利用者満足度No.1/
タウンライフ記事下広告

見積もりを取っても、外構工事を依頼しなくても大丈夫?
見積もりが来ても、正式にカーポートの外構工事を依頼する必要はありません。無料で、費用相場が分かるので、気軽に複数社から見積もりを取り寄せてみましょう。
優良な外構・エクステリア業者560社が登録
タウンライフ・登録企業
タウンライフ・公式バナー

家にいながら業者を比較

-台風・積雪