カーポートの見積もりをエクステリア専門のネットショップでシュミレーションする方法

ネットショップでカーポートの見積もりをとる方法

安くカーポートが購入できる店として、ホームセンターと並び、知られているのが「エクステリア専門のネットショップ」です。

ネットショップでは、LIXIL・YKK AP・三協アルミ・四国化成など、国内メーカーのほぼ全ての製品が購入できます。

また、ホームセンターと同じく、ネットショップオリジナル格安カーポートも販売しています。

おおよそ計算した「概算見積もり」はWEB上で確認できる

商品ページには、予め標準工事費込みの価格が表示されていて、これに屋根・本体のサイズやオプションを入力する概算の見積もり価格を知ることができます。

「本見積もり」(最終的に総費用が確定)は現場調査が必要

最終的な、本見積もりは現場調査が、設置場所に施工士が行き、敷地の採寸を行ってから算出されます。

現場調査で確認しておきたいポイントは下記のこちらです。

エクステリア専門のネットショップってどんなサイトがある?

エクステリア専門のネットショップとして有名なのが、

上記の2つが有名どころのエクステリア専門カーポートネットショップです。

どちらも、相場より安い価格でカーポートを販売しています。

エクスショップはYKK APの製品をキャンペーンしたり、ローン金利0円など提携していて、YKK APのカーポートが特に安く買えます。

ホームページ上で確認する「概算見積もり」に必要なこと

まずは、ホームページで、概算をする前に、どのカーポートを購入したいかを選びましょう。1台用、2台用、豪雪地域用など細かいタイプに分かれているので、予算と相談しながら自宅に合うカーポートを探しましょう。

自宅のカーポートを設置する場所の広さをセンチメートル単位で確認する

欲しいカーポートが見つかったら、カーポートを設置する敷地の広さを確認する必要があります。

通常、1台用のカーポートは、幅が2メートル弱~、奥行きが5メートル弱ほどが必要です。

概算見積もりを算出する際に正確なサイズを入力するために、センチメートル単位で、敷地の中でどれくらいカーポートで覆いたいのかを測っておきます

細かいサイズは、現場調査で担当の人に相談してもいいですが、大幅にサイズが違うと本見積もりと金額も違ってきます

予め大きさを確認しておくと、概算見積もりと本見積もりで違いが小さくなります。

工事する前の敷地の現状を把握しておく

設置場所がすでにコンクリートになっているか、土・砂利の状態かで、工事内容が変わってきます。

ホームページで、カーポートの概算見積もりをしてみる

エクスショップで、カーポートの商品ページに行くと、オプションなしの状態での工事費込みの価格が書いてあります。

下にある「お見積りシュミレーション」のボタンを押すと、サイズ・オプションを入力する場所に遷移されます。

「商品仕様」で、幅・奥行き・高さ・屋根材などを入力します。

ここでは、屋根の幅の変更と、着脱式サポート柱の追加をしました。

その他、「取り付け工事」で、幅と奥行の切り詰め加工の有無と、設置場所の状態がコンクリートか土かを選択する箇所などがあります。

入力が終わったら、概算見積もり価格が確認できるようになります。

現場調査で確認しておきたいポイント

現場調査には基本的に、施工主(カーポート購入者)の立ち会いが必要です。工事が終わった後に、「こんなところに柱が立つと思わなかった」というトラブルがないように、設置するカーポートの位置などを以下の点を確認します。

1.設置位置の採寸

メジャーを使い、設置予定場所の採寸をします。

2.敷地の勾配の有無

標準柱仕様で間に合うか確認します。勾配の状況によっては セミロング・ロング柱に切り替えた方がいい場合があります。

3.設置障害物の確認

樹木、電柱、石、屋根ひさし、マンホール、隣地境界、建物や塀の基礎など、周囲にカーポートやその柱を立てるのに障害となるものがないか確認します。

4.配管の確認

排水管の桝を開け、配管がどのように通っているかを確認します。

関連記事
【カーポートの見積もり】複数社比較【相見積もり】で最安値の業者を選ぶ方法
カーポートの設置(外構工事)で、「安くて」「最適な業者」を見つけるには、複数社への見積もりは必須です。 カーポートの設置は、数十万円ほどかかり、高額な商品です。安いものは1台用で、十数万円でありますが、耐風...
カーポートを安い価格で設置するために、絶対にやるべき6つのコツ
安くカーポートを設置するために、まずは複数のリフォーム会社に相見積もりをとることが必須 安くカーポートを設置するために、まず押さえておきたいのが、複数の業者へ見積もりをとることを頭に入れておきたいところ。 ...

カーポートを“最安値”で設置するには、複数の見積もりを比較することが必須

カーポートは安いものだと十数万円から数十万円、高いものだと、百万円以上の大きい買い物

カーポートを設置する費用の相場価格はある」とは言え、ユーザーに渡るまでの【仕入れ価格の違い】はどうしても出てきます。1台用の安いカーポートでも数万円以上の違いが出ます。1台用・2台用でも堅牢な100万円以上の高額なものだと十数万円~の違いがでてくることも普通にあります。

また、業者により【工事費の違い】もあるので、依頼する業者によって、最終的に数万~十数万円の差は必ずでます。

損をしないで、カーポートを設置するには複数社の見積もりを比較ができる「一括見積もりサイト」をおすすめです。

カーポート 工事費込み【見積もり】を複数社比較できる「一括見積もり」 、専門家のアドバイスも無料。タウンライフリフォーム

カーポートの設置で大切なことは、カーポート・外構の専門家のアドバイス それも一つの業者の提案では本当にいいのか?不安もあります。

タウンライフリフォームでは、 大手から地元の外構・エクステリア専門業者まで、複数社の一括見積もりが無料でできる。 信頼できる 外構・エクステリア専門店 から、【カーポート設置プラン 】【費用・見積り】を徹底比較して選べます。日本全国対応。

タウンライフリフォームの特徴
  • 地元対応の、複数の外構・エクステリア専門家から役立つアイデア&アドバイスが受けられる
  • 複数の優良な外構・エクステリア専門店から、無料でカーポート設置の【 費用・見積もり書 】がもらえる
  • 大手から、地元の業者まで、複数社のプラン・費用を一括比較して選べる

⇒ タウンライフリフォーム公式サイト

完全無料!
複数社の見積もり比較/
タウンライフ記事下広告
見積もりを取っても、外構工事を依頼しなくても大丈夫?
見積もりが来ても、正式にカーポートの外構工事を依頼する必要はありません無料で、費用相場が分かるので、気軽に複数社の見積もりを取り寄せてみましょう。
優良な外構・エクステリア業者470社が登録
タウンライフ・登録企業
タウンライフ・公式バナー
「最大5社のカーポート工事費込み見積もり」を徹底比較。 「最安値」「最適」な業者をリショップナビで選ぶ。

リショップナビでは、加盟している1500社から【最大5社まで】一括見積りが無料でできる。国内最大級のリフォーム見積もり一括サイト。 希望するカーポートの詳細を電話でヒアリングしてくれるので、工事会社と施工主とのマッチング精度が高い。不安な点や疑問点なども相談可能。

紹介される業者は、すべて「安心リフォーム保証制度」に加入している会社。万が一カーポート設置に工事ミスがあっても、工事瑕疵の損害を保証する制度があり。

リショップナビの特徴
  • 「業者に丸投げ」ではなく、リショップナビが最後まで、最適なカーポート設置業者が見つかるまでしっかりサポート
  • 口コミや施工事例、地域の加盟施工会社をWEBサイトで公開している
  • 安心リフォーム保証制度へ加入している業者の紹介
  • 外構・エクステリア業者へお断り代行をしてくれる

⇒ リショップナビ公式サイト

完全無料!
最大5社の見積もり比較/
見積をとっても、工事を依頼しなくてもいい?
見積もりが来ても、正式にカーポート設置工事を依頼する必要はありません無料で、費用相場が分かるので、気軽に複数社から見積もりを取り寄せてみましょう。リショップナビでは、外構・エクステリア業者へのお断り代行をしてくれます。
リショップナビ・公式バナー
関連記事
【カーポートの見積もり】複数社比較【相見積もり】で最安値の業者を選ぶ方法
カーポートの設置(外構工事)で、「安くて」「最適な業者」を見つけるには、複数社への見積もりは必須です。 カーポートの設置は、数十万円ほどかかり、高額な商品です。安いものは1台用で、十数万円でありますが、耐風...