ソーラーカーポートの【価格と投資回収期間】設置費用に比べホントにお得?

ソーラーカーポートの太陽光発電で作った電力は、「売る(売電)」ことも「自家消費」することも可能

ソーラーカーポートとは、カーポートの屋根上部分に太陽光パネルを設置・一体化することで、自宅の敷地を最大限に有効活用できる太陽光発電システムです。

駐車スペースの空いている空間を利用して、発電したり、余剰電力を売電することが可能になります。

発電した電気は自分たちで利用することもできるので、電気代が高騰している中、電気代の節約をすることが可能です。

ソーラーカーポートは、発電しながら運用していくことで、初期費用(コスト)が売電収入や電気の自家消費によって回収できるのが大きなメリットです。

【ソーラーカーポートの価格】いくらで設置できるの?

ソーラーカーポートの価格は、駐車場の台数によって変わります。

台数別ソーラーカーポートの価格

1台用
150~180万円
2台用
180~230万円
3台用
240~280万円
4台用
300~380万円

ソーラーカーポートの台数別の価格の目安は上記のとおりです。

ソーラーカーポートの価格は、メーカー・業者・カーポートの強度などで違ってくる

ソーラーカーポートは販売するお店やメーカーで大きく変わってきます。たとえば、国産のカーポートの方が価格は高くなりますが、発電効率は高いです。

また、重い太陽パネルを乗せるカーポートの強度や、使用する太陽光発電モジュールなどは販売店によって変わってくるので注意が必要です。

ソーラーカーポートの売電収益と価格相場

ソーラーカーポートの売電収入は、1年目~10年目までは固定価格買取制度(FIT制度)により固定価格になっています。2021年度は住宅用の太陽光発電は1kWhあたり19円で買い取りをしています。

2台用のソーラカーポートの売電収入は?

2台用のカーポートにソーラーパネルを設置した場合、1年間に電力売った金額はいくらになるでしょうか?

  • 1年の発電量:8,000kWh
  • 自家消費した電気量:1,500kWh

上記をモデルにします。

電気代削減額を、

年間の自家消費電気量×売電単価=電気代削減額

で計算すると、

電気料金を1kWhあたり27円として、1年間でおよそ4万500円の電気代を削減することができます。

次に、電気を売った利益を計算してみます。

(年間の発電量-年間の自家消費電気量)×売電単価=売電による利益

2021年の売電単価が1kWhあたり19円なので、およそ、12万4,000円が1年間に電気を売った収入としと計算されました。

ソーラカーポートを設置するメリット

売電収益でカーポート費用の元が取れる

カーポートは単体で導入すると高額な費用負担が発生しますが、カーポートの上に設置する太陽光発電の経済メリットによって、 カーポートの設置費用を回収することができます。

出典:誠和工業

住宅用ソーラーパネルに比べて設置のハードルが低い

住宅用のソーラーパネルには、屋根の方角や面積、強度など、屋根が設置に適しているのか?厳しい条件をクリアする必要があります。

カーポートの場合はフラット屋根のタイプがあり、方角を気にする必要もなく、設置のハードルが下がります。

既存の太陽光発電と合わせることで売電収入が上がる

すでに屋根に太陽光発電を設置している場合は、ソーラーカーポートを併用することで売電収入を増やすことができます。

ご自宅の屋根には太陽光パネルを10kW未満しか設置できない場合でも、ソーラーカーポートを増設することで太陽光パネルの設置容量が10kW以上になれば売電期間が「20年間」に延長され収益が増加します。

蓄電池や電気自動車と併用できる

太陽光発電で発電した電気を家庭用蓄電池に貯め、自家消費や電気自動車の充電に使えます。

出典:エコライフコーポレーション
出典:ハチドリソーラー

日中発電した電気は家で自家消費して、余った電気は車に蓄電して夜間に放電することで、長期間停電しても安心して電気のある生活を過ごせます。

さらに、蓄電機能だけでなく車としても通常稼働できるため、災害時に移動が必要になった場合でも安心です。

ソーラカーポートの種類

ソーラーカーポートの種類は、大きく分けて3種類です。駐車スペースのデザインや発電システムの取り付け方法が違います。

太陽光発電とカーポートが一体になったタイプ

一体タイプは、あらかじめ太陽光発電の設置を前提に設計されているため、 太陽光発電がピタッと収まり、外観がスタイリッシュの製品が多いです。

4本の柱で屋根を支えるシンプルな設計となっており、発電システムが屋根に付いている簡易的なカーポートです。

低価格で導入したい方におすすめのタイプです。

カーポートと太陽光発電が別々になったタイプ

太陽光パネルとカーポートが別々に設計、製造されたタイプは非常に様々な種類があり、 設置環境やご要望に合わせて最適な製品を選別できるというメリットがあります。

カーポートの屋根自体が太陽光パネルになっているものもあり 地面からの照り返しでも発電できる「両面発電」モデルもある。

太陽光パネルを取り外すことができ、カーポートとして利用することも可能です。

完全オーダーメイド

設置場所の面積や環境に合わせてカーポートのサイズや形状などを設計したり太陽光パネルを選定することができる。

狭い土地や勾配があるなど特殊事情に合わせてカーポートを設計でき、その屋根に合わせた太陽光パネルなどの発電システムを選ぶことができます。

地形に最適なシステムを導入できますが、上記の2タイプよりも価格が高くなります。

カーポートを“最安値”で設置するには、複数の見積もりを比較することが必須

カーポートは安いものだと十数万円から数十万円、高いものだと、百万円以上の大きい買い物

カーポートを設置する費用の相場価格はある」とは言え、ユーザーに渡るまでの【仕入れ価格の違い】はどうしても出てきます。1台用の安いカーポートでも数万円以上の違いが出ます。1台用・2台用でも堅牢な100万円以上の高額なものだと十数万円~の違いがでてくることも普通にあります。

また、業者により【工事費の違い】もあるので、依頼する業者によって、最終的に数万~十数万円の差は必ずでます。

損をしないで、カーポートを設置するには複数社の見積もりを比較ができる「一括見積もりサイト」をおすすめです。

カーポート 工事費込み【見積もり】を複数社比較できる「一括見積もり」 、専門家のアドバイスも無料。タウンライフリフォーム

カーポートの設置で大切なことは、カーポート・外構の専門家のアドバイス それも一つの業者の提案では本当にいいのか?不安もあります。

タウンライフリフォームでは、 大手から地元の外構・エクステリア専門業者まで、複数社の一括見積もりが無料でできる。 信頼できる 外構・エクステリア専門店 から、【カーポート設置プラン 】【費用・見積り】を徹底比較して選べます。日本全国対応。

タウンライフリフォームの特徴
  • 地元対応の、複数の外構・エクステリア専門家から役立つアイデア&アドバイスが受けられる
  • 複数の優良な外構・エクステリア専門店から、無料でカーポート設置の【 費用・見積もり書 】がもらえる
  • 大手から、地元の業者まで、複数社のプラン・費用を一括比較して選べる

⇒ タウンライフリフォーム公式サイト

完全無料!
複数社の見積もり比較/
タウンライフ記事下広告
見積もりを取っても、外構工事を依頼しなくても大丈夫?
見積もりが来ても、正式にカーポートの外構工事を依頼する必要はありません無料で、費用相場が分かるので、気軽に複数社の見積もりを取り寄せてみましょう。
優良な外構・エクステリア業者470社が登録
タウンライフ・登録企業
タウンライフ・公式バナー
「最大5社のカーポート工事費込み見積もり」を徹底比較。 「最安値」「最適」な業者をリショップナビで選ぶ。

リショップナビでは、加盟している1500社から【最大5社まで】一括見積りが無料でできる。国内最大級のリフォーム見積もり一括サイト。 希望するカーポートの詳細を電話でヒアリングしてくれるので、工事会社と施工主とのマッチング精度が高い。不安な点や疑問点なども相談可能。

紹介される業者は、すべて「安心リフォーム保証制度」に加入している会社。万が一カーポート設置に工事ミスがあっても、工事瑕疵の損害を保証する制度があり。

リショップナビの特徴
  • 「業者に丸投げ」ではなく、リショップナビが最後まで、最適なカーポート設置業者が見つかるまでしっかりサポート
  • 口コミや施工事例、地域の加盟施工会社をWEBサイトで公開している
  • 安心リフォーム保証制度へ加入している業者の紹介
  • 外構・エクステリア業者へお断り代行をしてくれる

⇒ リショップナビ公式サイト

完全無料!
最大5社の見積もり比較/
見積をとっても、工事を依頼しなくてもいい?
見積もりが来ても、正式にカーポート設置工事を依頼する必要はありません無料で、費用相場が分かるので、気軽に複数社から見積もりを取り寄せてみましょう。リショップナビでは、外構・エクステリア業者へのお断り代行をしてくれます。
リショップナビ・公式バナー